市民社会スペース状況調査

市民社会スペース 状況調査への協力のお願い

市民社会スペースNGOアクションネットワーク(NANCiS)

 日頃より、市民社会スペースNGOアクションネットワーク(NANCiS)の活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。NANCiSはNGOの自由な活動環境を維持増進するために、全国の課題包括的・分野横断的なネットワークNGO7団体により構成された組織です(個別の国際協力NGOのみなさまも「賛同団体」として加わっていただけます)。

この度、国内の市民社会スペースの状況把握を目的として、アンケート調査を実施することになりました。ついてはご多忙中恐れ入りますが、以下の質問にお答えいただき、率直なご意見・ご要望をお聞かせください。なお、アンケートの回答は、市民社会スペースの状況を分析・共有し、事例紹介のために用いられます。ただし、回答者または回答団体の許可なく特定の個人・団体が識別できる情報が公表されることはありません。(お問合せ先  info@nancis.org )

 

市民社会スペース( CIVIC SPACE )とは…

市民社会スペースは、あらゆる開かれた民主的な社会の基盤です。市民社会スペースが開かれていれば、市民と市民社会組織は妨げられずに組織したり、参加したり、コミュニケーションをとることができます。 そうすることで、彼/彼女らはみずからの権利を主張し、身のまわりの政治的・社会的構造に影響を及ぼすことができます。これができるのは、国家が市民を守る義務を果たし、市民による結社、平和的な集会、自由な意見や信念の表明といった基本的権利を尊重・促進する場合だけです。これらは市民社会が依拠する3つの主要な権利です。CIVICUSモニターは、3つの市民社会の権利が尊重され、支持されているか、および国家が市民社会を保護しているか、を分析しています。

(CIVICUS HPより https://monitor.civicus.org/whatiscivicspace/

 

市民社会スペースNGOアクションネットワーク(NANCiS)とは…

国際協力NGO を含む市民社会が活動のよりどころとする、市民が自由に言論、活動、結社できる社会の活動領域(=市民社会スペース)をめぐる状況は厳しく、国内外で悪化の一途をたどっています。私たちは、社会全体の「市民社会スペース」に対する認識を高めるとともに、国内外で活動する市民社会の自由な活動を守り、地球規模課題の解決に「今、変革が必要である」と謳った2030アジェンダおよびSDGs の真の達成のために、市民社会の能力が伸びやかに発揮できる、自由で開かれた社会の実現に向けて、国内外の仲間と手を携えて邁進していく所存です。

(NANCiS HPより http://nancis.org/

【構成団体】(2019 年5 月現在)

北海道NGOネットワーク協議会
(特活)国際協力NGOセンター
(特活)横浜NGOネットワーク
(特活)名古屋NGOセンター
広島NGOネットワーク
(特活)NGO福岡ネットワーク
(特活)沖縄NGOセンター

市民社会スペースの状況把握のためのアンケート


□ある →Q2へ  □ない →Q4へ






上記①~⑤の概要以外にも公開してもよい情報があればお書きください。






上記①~⑤の概要以外にも公開してもよい情報があればお書きください。






上記①~⑤の概要以外にも公開してもよい情報があればお書きください。


Q3.1. 市民の権利: 私たち市民は、以下の権利を有します。この権利は、差別なくあらゆる場所で尊重、保護、推進され、全面的に実施されなければなりません。

 各項目は、『市民憲章』(Civic Charter 日本語版・特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)発行)を参考にして作成しています。
( Civic Charter https://civiccharter.org /JANIC https://www.janic.org/ )











                        


アンケート協力団体として団体名を

ご協力いただき誠にありがとうございました。
お寄せいただいた貴重な情報は厳重に管理し、活用させていただきます。
今後ともNANCiSの活動にご理解とご支援をお願いします。

**********************************************************
ご記入内容に間違いがなければ、下記の送信ボタンを押してください。
**********************************************************