賛同団体募集

市民社会スペースNGOアクションネットワーク(NANCiS)
賛同団体を募集します!

わたしたち、国際協力に関わるNGOのネットワーク組織(ネットワークNGO)は、NGO始め市民団体の自由な活動領域を守り、創造、拡大することを目的として、このたび「市民社会スペースNGOアクションネットワーク(NANCiS)」の賛同を呼びかけます。

本ネットワークは、国際協力NGOの活動が特定秘密保護法や安全保障法制、共謀罪法など近年進む安全保障環境の悪化や治安維持を理由とした政府の管理強化により阻害されることのないよう備え、また、行政による市民活動への介入や圧力、さらにはヘイトスピーチなどに見る排外主義的な言論や社会の雰囲気によって委縮しないよう、その活動を通じて、市民社会スペースに関わる問題性が社会に提起されることを目的としています。(本ネットワークの趣旨、目的、活動内容などの詳細は、「設立趣意書」をご覧ください。)

本ネットワークは、活動の性格上、構成団体をネットワークNGOのみとしていますが、ここに賛同団体を幅広く募り、思いや行動を同じくしてくださる全国各地の個別の国際協力NGOのみなさんの参加を求めます。ぜひご一緒に声を上げ、取り組み、日本の市民による国際協力活動、ひいては市民社会の健全な発展に取り組んでいきましょう。

本ネットワーク参加(賛同団体になること)でできること
① 市民社会スペースに関わる問題意識を広く社会に表明できます。(団体名非公表も選択可)
② 市民社会スペースへの脅威によって国際協力NGOが被る影響に関する情報が入手できます。
③ 市民社会スペースに関わる問題に関する情報共有や学びの場に参加できます。

本ネットワーク参加のメリット
①会費や運営業務の分担など、特別な負担は必要ありません。
②各団体での学びや対応に必要な人材、情報、知見などをご紹介できます。
③各団体で市民社会スペースの問題に関して不測の事態が起きた場合、専門家も交えた支援が受けられます。

本ネットワーク参加の方法
「賛同団体申込書」に沿って必要事項を記載し、本ネットワーク事務局、あるいは最寄りの本ネットワーク構成団体まで、郵送・FAX・E-mail等でお申込みください。貴団体による賛同団体申込を確認後、構成団体による承認手続きを経て、正式に賛同団体としてご参加いただくことになります。

⇒賛同団体申込書のダウンロード

※英語名と略称
本ネットワークの英語名は「Japan NGO Action Network for Civic Space」、略称は「NANCiS」と称します。

2018年6月5日

市民社会スペースNGOアクションネットワーク構成団体

北海道NGOネットワーク協議会
(特活)国際協力NGOセンター
(特活)横浜NGOネットワーク
(特活)名古屋NGOセンター
広島NGOネットワーク
(特活)NGO福岡ネットワーク
(特活)沖縄NGOセンター